岩田剛典の卒アル画像に衝撃!内定企業はどこ?サントリーじゃない?

岩田剛典三代目J Soul Brothersを中心にドラマやCMと活躍中の岩田剛典さんですが、実は超有名大学卒業し大手企業を内定を蹴って、芸能界に入ったということはご存知ですか?

どこの大学を卒業したのか、そしてどの大手企業の内定を蹴ったのか?整形疑惑のある卒アル画像は要チェック!

パフォーマーとしてだけではなく、俳優としても活躍の場を広げつつある岩田剛典さん。

実は彼はすごい大企業の内定を蹴って、芸能界に入ったといういきさつがあるんです。

しかしながら、どこの企業の内定を断ったのかについては、はっきりと明言したことはないんですよね。

確かに、企業側からすると、ちょっとイメージダウンになりそうですし、それに今後内定を辞退した会社が岩田剛典のスポンサーにならないとは限りませんから、秘密にしているのかもしれませんね。

この、内定を辞退した大手企業とはいったいどこなんでしょうか?日本最大手の企業とのことですが…

その他、三代目 J Soul Brothersメンバーのプライベート情報はこちらっ!

三代目JSB カテゴリーバナー

岩田剛典の内定企業はどこ?サントリーじゃない?

岩田剛典さんは大学卒業後の進路について、当初は一般企業も考えていたんですよね。

一番初めの就職って人生の中でかなり大きな選択の一つですよね。この先、出会う人も変わってくるでしょうし、お給料だって随分と差がありますからね。

そして、もしそれが大手企業だったとしたら、簡単に内定を辞退することは出来ないでしょう。

でも『自らの夢』のために岩田剛典さんは大手企業の内定を辞退したそうなんです。

それだけ三代目J Soul Brothersに自分の可能性をかけていたのでしょう。

とはいえ、内定を辞退することなんてざらにありますから、取り立てて騒ぐことはないんですけど、今回のケースは違っていました。

2014年10月22日放送の「めざましテレビ」で、岩田剛典さんは、こう語っています。

「内定を辞退したのは君が初めて」

まさか1人も辞退がない会社はそうそう無いと思いますが、あるとすれば超大手企業か、初めての従業員募集で岩田剛典さん1人しか面接に来なかった企業しか考えれませんよね。

さて、本題に入りますが岩田剛典さんが内定を辞退した大手企業とはどんな会社なのでしょう。
「サントリーなのでは?」という話もあるのですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

確かにサントリーはCMのイメージも良く、業界では人気の企業であることには違いありませんが、特定の商品を取り扱う扱う企業では、自分のやりたいことではなかったと、内定辞退をする人が一定の割合でいますし、この業界なら他の競合他社も受けて条件など比較考慮して決定するでそうしね。

なので、岩田剛典さんが内定を辞退した企業はサントリーではないと考えられます。

では、内定を辞退した大手企業とはどこなんでしょうか?

「内定を辞退した人が今までにいない」となると、特定の商品等を扱っている企業ではなく、日本でトップクラスの企業という風に考えられますね。

推測と、岩田剛典さんのイメージから「株式会社電通」である可能性が高そうだと思いますね。

日本最大手の広告代理店であり、大学生の就職先企業として人気が非常に高いです。

営業成績№1をとっても、当然という感じもするくらい、頭のいい岩田剛典さんがやっていそうな大企業なんですよね。

そうそう、岩田剛典さんって本当に頭がいいんです。大学も超有名なところに行っていて、色々な活動にも頑張られていたから、この内定先をGET出来たのかもしれません。

続いては、岩田剛典さんの出身大学に迫ります。

岩田剛典の大学の学部はどこ?

岩田剛典さんの卒業した大学、それはかの福沢諭吉が創設した、慶応義塾大学。そして学部は法学部政治学科なんです。入学当初は法曹界を目指していたのでしょう。

弁護士とかだったら「イケメン弁護士」なんて人気がでそうですし、用事がなくても頻繁に相談に行きたくなりますよね。

さてこの学部、調べてみるとなかなか興味深い評判をしているんです。

法学部というのは学部の中でもかなりの偏差値を誇っていることが多いのですが、日本全国の大学の法学部を集めて比べて見ると、なんと慶応義塾大学は私学で1位を誇っているんです。

それだけ頭が良くないと卒業できない大学&学部なんですね。

通常ですと法学部なので、法律家の勉強をする生徒もいるのですが、一般就職をする学生も多いそうなんです。また、公務員になる学生が多く、親御さんからすれば、この学部に入れれば安心だと思ってもらえそうなくらい、優良な学部なんですね。

この慶応義塾大学法学部の卒業生にはミッツ・マングローブさんがいますね。

やはり、この学部に入った岩田剛典さんはただものじゃないです!オネエという意味ではありません!

ところで、人気大学卒業、人気企業内定と順風満帆に来ている中、岩田剛典さんとダンスを結びつけるものは一体何だったのでしょうか?

それは2005年公開の映画『RIZE』に感銘を受けたとのこと。岩田剛典さんは1989年3月6日生まれなので、16歳、高校生の時になりますね。

ところで『RIZE』という映画はどんな感じの内容なのか。あらすじはというと…

犯罪多発地域で育つ子供たちにダンスを通して生きることを教えた作品。
踊るかギャングになるかの人生の選択を迫られる彼らのダンスには鬼気迫るものがある。

なにこれ全然分かんない。

まぁ、簡単に言うと世界的にKRUMPというダンスが広まったキッカケになった作品なんですね。KRUMPとはどんなダンスかというと、悪そうな黒人さんが路地裏でダンスバトルをするあの感じですね。

KRUMP ダンス

岩田剛典さんは「KRUMP」というダンスに魅了され、慶応義塾大学在学中にはダンスサークル【Dancing Crew JADE】で部長を勤めながら、ダンスの技を磨いたとのこと。

今のキレの良いダンスができるのはこの時に培われたものなんでしょうね。

実は、岩田剛典さんには大学在学中の知られざるエピソードはもう一つありまして、「ミスター慶応コンテスト2009年」に参加し、なんと最終候補にまで選ばれているんですよね。

さすが岩田剛典さん!最終候補に残るなんて本当にスゴイですね…って

優勝じゃない!?

そうなんです。優勝を逃しているんです。

岩田剛典さん勝てる「男」ってどんな方だったのでしょう。

なんと、その方、芸能界デビューをされているんです!お名前は「古川雄輝」さん。俳優さんですね。

古川雄輝

ドラマでは「イタズラなKISS~Love in TOKYO」の出演していて日本のみならずアジアにも人気が広がっているそうです。

カフェテラスで文庫本を読んで静かに過ごす姿が、絵になりそうな美少年ですね。

これは岩田剛典さんといい勝負をされている……当時のコンテストはきっと、お互い競り合ういい勝負だったのでしょうね。

岩田剛典さんって甘い王子様風のかっこよさがある方ですが、実は子供の頃の姿は今とはだいぶ違っているという話があるんです。イケメンは子供の頃からイケメンではないのか…?

後半に続きます!

岩田剛典の卒アル画像に衝撃!昔と随分違う?

岩田剛典さんには、なんと整形しているのではという疑惑があるんです!
その根拠は昔と顔が違いすぎるということにあるようなんですが。

それでは実際の卒アル画像はこちらです。

岩田剛典 卒アル 高校

高校生の頃は「ラクロス」部に所属し活躍をしていたとのことですが、野球部かと思う丸坊主ですね。まゆげも細く口ひげも生やしていて今とは随分雰囲気が違いますね。

もう少し遡って中学生の頃のものとされる画像がありました。

岩田剛典 卒アル 中学

こっちの方が今の岩田剛典さんの面影がありますね。

ついでに小学校の時の卒アル画像はこちらです。

岩田剛典 卒アル 小学校

明るい笑顔でクラスの人気者とった感じがしますね。

高校生の同級会に行くと、あまりの変貌で「誰!?」と仰天することがあるのですが。
岩田剛典さんの場合、特に高校生の時と随分雰囲気が変わっていることで世間からは「整形したのでは?」と噂されています。

しかし、先ほど時系列で見ていただきましたが、高校生の時よりも、小学校、中学校の方が今の姿に近い感じがしますし、もし整形しているなら中学卒業と同時、しかも大学在学中に元に戻したことになりますよね。

なので、昔からイケメン。整形はしていないでしょう。

岩田剛典さんって王子様フェイスにダンサーとしての実力を兼ね備えて、ただものじゃないとは感じていたのですが、本当にただものではないのではなかったのですね!

慶応義塾大学法学部に、大学公認のストリートダンスサークルの部長。

それだけのことが出来たのは、岩田剛典さんの努力によって成し遂げられたものなのですね。
さらに努力を重ねて三代目J Soul Brothersのメンバーになった岩田剛典さん。

頭もよく、努力家ということで今後は、俳優としての活躍やクイズ番組への出演などマルチな才能を発揮しそうですよね。

その他、三代目 J Soul Brothersメンバーのプライベート情報はこちらっ!

三代目JSB カテゴリーバナー

 


皆さまからのコメント

  1. 葉月 より:

    やっぱりせいけうしているんですね「かわいい」

コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ