窪塚洋介は息子の愛流と大阪で同居中!親権を持った理由とは?

窪塚洋介窪塚洋介さんが、元嫁のんさんとの間に恵まれた息子、愛流(あいる)くんと大阪で同居しているという噂が流れています。

イケメンだと噂される愛流くんの素顔や、窪塚洋介さんが、愛流くんの親権を持つに至った経緯や、元嫁のんさんや現在の奥さんのPINKYさんとの関係を要チェック!

窪塚洋介さんは、現在PINKYさんと2015年12月17日に結婚しています。

窪塚洋介 PNKY 結婚

そして元嫁のんさんとの間に授かった、長男の愛流くんも窪塚洋介さん、PINKYさんと一緒に大阪で一緒に暮らしているという話があるんです。

まずは、窪塚洋介さんが、それまで住んでいた神奈川県横須賀市のマンションから大阪に引っ越しをした経緯と共に、愛流くんと本当に同居しているのかを探ってみたいと思います。

窪塚洋介が息子と同居している!

窪塚洋介さんと愛流くんとが同居していると噂が流れたのは、奥さんのPINKYさんのブログがきっかけです。

PINKYさんが2016年4月16日に更新したブログに、こんなことが書かれていたんです。

❝九州で余震が続いていますね。今日は土曜参観だったので、息子を中学校へ送り出す時久しぶりにTVをつけたのですが、ニュースで被害状況を見てとても胸が痛みました。❞
引用元:【#Scrapbook Saturdayと、災害時の備え(PINKY OFFICIAL BLOG Envy Diary  by Ameba)】

ブログ内で書いている「息子」が誰のことかというと、窪塚洋介さんと元嫁のんさんとの子供の愛流くんのことです。

窪塚洋介さんは2017年6月20日に、第2子となる長女「あまと」ちゃんが誕生していますので、つまり息子とは元嫁のんさんとの子供の愛流くんだけ、ということになります。

PINKYさんが愛流くんを中学校に送り出していることを考えると、3人一緒に暮らしていることが読み取れます。

窪塚洋介さんは、現在大阪に住んでいるのではと噂されていますが、大阪に引っ越した時期というのは最近のことではありません。

2011年3月11日に起きた東日本大震災をきっかけとして、当時まだ婚姻関係にあった、のんさんと愛流くんと一緒に大阪に引っ越しています。

スポニチの取材で、窪塚洋介さんが大阪へ引っ越しをしたことに触れています。

❝離婚に至る端緒は、2011年3月の東日本大震災後、夫人が長男を連れて地元の大阪に引っ越して「別居」したこととしているが、「大阪には窪塚洋介さん自身も行っていて一緒に暮らしています。きょう(12日)も家族一緒。いわゆる“別居”の意味とは違います」と説明。❞
引用元:【なぜ?窪塚洋介 離婚しても「大阪で家族一緒」(スポニチ Sponichi Annex)】

また、exciteニュースでも引っ越しをした理由について報じられています。

❝夫婦仲が悪くなったとかではなく、昨年3月の大震災が原因。小さいお子さんがいることもあって、窪塚洋介さんは“放射能が怖い”と考えてたようで、のんちゃんの地元でもある大阪に妻子を避難させた❞
引用元:【窪塚洋介「放射能が怖い」と妻子を大阪に避難させていた(exciteニュース)】

震災後に、「子供のことを第一に考えての引っ越し」だったとすると、さらに愛流くんを引っ越しをさせて、育てる環境を変えるということはしないような気がします。

なので、現在も窪塚洋介さんとPINKYさんと愛流くん、「あまと」ちゃんとで大阪に住んでいる可能性は高いでしょう。

ちなみに、窪塚洋介さんと元嫁、のんさんは現在も仲がいい様子。

現在の嫁、PINKYさんが、自身のブログ内で毎年のように、のんさんの誕生日をお祝いしたことを紹介しているんですよね。

誕生日会の場所についてもブログ内で書いています。

❝今年も我が家でノンちゃんのBirthday partyをしました❞
引用元:【Birthday party (PINKY OFFICIAL BLOG Envy Diary  by Ameba)】

窪塚洋介 バースデーケーキ

これは窪塚洋介さんとPINKYさんの家に、のんさんが頻繁に行けるぐらい近い距離だとも考えられますね。

窪塚洋介さんは、のんさんとの離婚時にこんな約束を交わしています。

❝3.11以降の避難のための別居から全くもって環境を変えず、紙の上で夫婦の縁を切りました。ですが、嫁に対してはダンススクールの件含めサポートしていく所存。❞
引用元:【窪塚洋介“円満離婚”していた、公式HPに「3人のためのベストの道」。(コトダマ系ニュースサイト ナリナリドットコム)】
※窪塚洋介さんの公式サイトはリニューアルされていて、当時の離婚報告の原文は削除されている。

のんさんは、窪塚洋介さんから支援を受ける形で、大阪にダンススクールを開業しているとする情報が上がってきています。

子供のために、引っ越しをするほど愛流くんを大事にしているので、離婚した後も母親の、のんさんと窪塚洋介さんのどちらにも、いつでも会いにい行けるように、大阪に住もうと考えたのかもしれません。

毎年、窪塚洋介さんの家で、お誕生日会を開けるような距離に、のんさんが住んでいて、のんさん自身は大阪でダンススクールを経営していることから、窪塚洋介さんは息子の愛流くんと一緒に大阪に住んでいると見て間違いないでしょう。

窪塚洋介さんは、時折自身のInstagramで愛流くんとの写真をアップしています。

そこに写っている愛流くんがイケメンだということで、今話題になっているんですよね!

窪塚洋介の息子(長男)は愛流!

窪塚洋介さんの息子は、愛流(あいる)くんといいます。

パッと見ただけでは、なかなか読み方が分からない名前を、キラキラネームと言いますが、愛に流れるで「あいる」と呼ぶのも、キラキラネームのひとつと言っていいかもしれません。

気になるのは、名前の意味です。

❝子には未来への希望を表す「I’ll」になぞり「愛流」と名付けた。❞
引用元:【転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃(exciteニュース)】

窪塚洋介 愛流 窪塚洋介 愛流

名前の意味を知ったときは、英語が由来だとは思わず、びっくりしましたが、カコイイ響きの中に可愛らしさもあってとても素敵な名前ですよね!

息子(長男)はのんちゃんとの子供

先ほどもお伝えしていますが、愛流くんは現在の奥さんのPINKYさんとの子供ではなく、元嫁のんさんとの子供です。

写真を見ると、愛流くんは、大人の雰囲気も出始めている感じがする通り、PINKYさんと結婚した2015年4月には、中学生になっています。

2016年6月5日には、PINKYさんのInstagramで、を応援しに行った写真が公開されています。

窪塚洋介 運動会

どうやら愛流くんは陸上部で汗を流しているようですね。

息子の学校はどこ?

愛流君が通っている学校は気になりますが、子供を大事にしている窪塚洋介さんは具体的には、学校名を挙げたりしていないので、正確な学校は分かりません。

ただ、ネット上では、元嫁の、のんさんの実家が大阪市の堀江にあることから、堀江近くの学校に通っているのではないかという噂があります。

実は、堀江の学校に通っているというのは、本当かもしれないという情報があるんです。

窪塚洋介さんは2017年7月1日に自身のInstagramで、こんな画像を投稿しています。

窪塚洋介 愛流 中学生

❝Class observation of an emergency drill in Junior high school❞
引用元:【yosuke_kubozuka (Instagram)】

呟いた英文を翻訳すると、「中学校で防災訓練の授業参観」といったところでしょうか。

写真から、非常に2人の仲の良さも伝わってきて、微笑ましい写真です。

ネットで愛流君が住んでいると噂されている堀江には、堀江中学校があるのですが、そのホームページ上の行事予定を見てみると、2017年7月1日に、防犯に関する土曜授業参観が行われているんですよね。

Instagramに投稿された画像の日付けと、画像投稿と行事予定のタイミングが一致しているので、堀江中学校に通っている可能性は非常に高そうですね。

息子の年齢は?

先ほどの窪塚洋介さんのInstagramに投稿されている画像に、「3」と写っているワッペンから、愛流くんは現在中学3年生だと思います。

窪塚洋介さんが愛流くんを授かったのが、2003年10月3日のことなので、計算すると2017年7月現在で14歳、あと3か月もすれば15歳ということになります。

息子の画像がイケメンだと話題に!

愛流くんは、家族と一緒に写っている写真が公開されて以降、イケメンだとtwitterなどで呟かれていることがあるので、twitterの愛流くんへの反応を見てみましょう。

愛流くんの顔を見てみると、鼻筋はお父さん似で、将来はイケメンになっていくことが予測できます。

窪塚洋介 家族

画像を見てみると、窪塚洋介さんも愛流くんも幸せそうな姿を見せてくれますが、過去には元嫁の、のんさんと離婚するという大きな生活の変化も経験しています。

窪塚洋介が息子の親権を持った理由とは?

窪塚洋介さんと、のんさんとが離婚する際に、決めなくてはいけなかった問題が❝親権❞です。

親権を決める際、母親がその権利を持つことが一般的です。

どのくらいの割合で母親が親権を持つことになるのかという情報を下に載せます。

❝離婚調停や裁判において親権を獲得するのは母親の方で、その割合は8割以上❞
引用元:【子供の親権を父親が勝ち取るケースと最低限知っておくべきこと (弁護士費用保険の教科書 弁護士監修)】

しかし、愛流くんの親権に関しては、珍しい状態にあります。

愛流くんの親権は窪塚洋介さんが持っているものの、愛流くんの養育権は元嫁の、のんさんが持っているんです。

親権と養育権とで何が違うのか、おおまかに説明します。

親権を持っている親は、育てるにあたってのお金の管理をする役目を負います。

そして、養育権を持っている親が子供を実際に育てることになります。

親権と養育権の一番の違いは、養育権を持つ親と一緒に住むということです。

ほとんどの離婚調停では、この親権と養育権はワンセットになることが多いので、窪塚洋介さんの場合は珍しいタイプの離婚方法ですね。

しかしながら現在、愛流くんは窪塚洋介さんと同居しているんですよね。養育権は元嫁ののんさんが持っているはずなのにどうしてなのでしょうか?

離婚の原因を踏まえつつ、窪塚洋介さんと愛流くんが同居している理由を考察していきます。

まずは、窪塚洋介さんと、のんさんの離婚原因からみていきましょう。

サンスポの記事では、子育てが離婚原因と関係していることが報じられています。

❝長男、愛流(あいる)くん(13)をもうけたが、子育てをめぐる考え方の相違で12年6月に離婚。❞
引用元:【窪塚洋介の妻PINKY、第1子妊娠を報告 「最愛の人と自分が融合して、新しい命が芽生えた」(SANSPO.COM)】

他には、窪塚洋介さんの浮気が原因とする噂も上がってきています。

その浮気相手と噂されていたのが、現在の奥さんのPINKYさんだったんです。

PINKY

窪塚洋介さんの浮気疑惑の理由としては、2012年6月12日に呟いたPINKYさんの投稿があります。

2つの投稿があった2012年6月12日は窪塚洋介さんと、のんさんの離婚が成立した日でもあるんです。

この呟きから、PINKYさんとは離婚前から付き合っていたという風にも考えることができますね。

他の離婚の原因としては、のんさん側にも問題があったのではという噂もあります。

その内容は、愛流くんに育児放棄に近い状態で、愛流くんもあまりご飯を食べなかった時期があったというものです。

浮気も育児放棄も、根拠のある情報ではなくあくまでも噂が浮上しているということなので本当の所は分かりません。

しかし、離婚後、窪塚洋介さんとのんさんとは、良好な関係を保っている様子が確認できますし、少し前にも家族ぐるみで遊びに出かけている様子がつぶやカレたりしています。

2015年7月28日に宮古島に行った際の画像が投稿されていますが、この画像には窪塚洋介さんと、のんさんだけではなく、愛流くんとPINKYさんも写っていて、離婚をしたものの、現在では皆さん仲が良いことが分かります。

  • 子育てに対する考え方の違い
  • 窪塚洋介さんのPINKYさんとの浮気疑惑
  • のんさんの育児放棄

噂にあがっている離婚原因が本当なら、ここまで楽しくみんなで過ごすという画像は撮れないような気がします。

なので、窪塚洋介さんと元嫁のんさんが離婚した原因は、子育てに対する考え方の相違が大きかったと見て間違いないでしょう。

どうして、愛流くんが養育権を持つのんさんの家ではなく、窪塚洋介さんの家で暮らしているかは、正確な理由は分かりません。

ただ、のんさんの誕生日をお祝いしたり、一緒に旅行に行ったりしていることから、のんさんに大きな問題があって養育権がこじれたとは思えません。

先ほど窪塚洋介さんが元嫁のんさんに資金提供をして、ダンススクールを開業したことをお伝えしましたが、仕事が忙しく愛流くんとの時間が作れないため、窪塚洋介さんの家に住むようになった、という風にも考えることができますね。

窪塚洋介さんの家なら、PINKYさんがいて、窪塚洋介さんも授業参観に参加するほど、子育てに熱心ということで、愛流くんが家で寂しい思いをしなくて済むよう配慮しているのでしょうね。

最後に、窪塚洋介さんが自身のInstagramに投稿した愛流くんとが映っている写真を紹介します。

窪塚洋介 親子

この画像を見ると笑顔で楽しそうに2人が並んでいて、うらやましいほどいい関係であることが分かります。

窪塚洋介さんの活躍、そして今後ますますイケメンに成長するであろう愛流くん。

窪塚洋介さんのように俳優を目指す日が来るかもしれませんので、今から目が離せませんね!


コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ