及川光博の実家は金持!大田区の場所や薬局の名前が判明!

及川光博

王子様な雰囲気がいくつになっても残る及川光博さんですが、その理由は実家がお金持ちだったことが判明!

父親が経営していた薬局の名前や実家の場所は大田区のどこなのか?及川光博さんの知られざるルーツを要チェック!

生活感を感じさせないキラキラとしたオーラをまとっている及川光博さん。音楽に俳優業にとマルチに活躍しているタレントですよね。

及川光博

人気シリーズの刑事ドラマ『相棒』では2代目の相棒・神戸尊役で出演し一気に人気俳優となり、最近では2017年10月ドラマ『明日の約束』に出演。

俳優以外にも、2017年3月から7月までワンマンショーツアーで全国を飛び回るなど、音楽活動にも力を入れています。

嫁さんが元宝塚で女優の檀れいさんであることでも有名ですよね。

檀れい

そんな及川光博さんですが、実家が超が付くほどのお金持ちだという噂がありますが、実はこれ本当だったのです!

どれほどのお金持ちだったのか?両親が薬局を始めとして様々なビジネスを展開していたとのことですが、まさか大手ドラッグストアの御曹司!?

及川光博の実家はお金持ちだった!

及川光博さんの実家の噂も、もしかすると…。なんて思ったのですが、実際にお金持ちであることが判明しました!

あの王子様オーラは生い立ちから来るものだったのです。

及川光博

あの王子様オーラは及川光博さんの生い立ちから来るものでした。それを裏付けるお金持ちエピソードをいくつかご紹介しましょう。

メイドが3人もいた!

2017年1月13日に放送されたTBS系バラエティ番組『ぴったんこカン・カンSP』にゲストとして出演した及川光博さん。

そこで子供時代にメイドさんが3人いたことを明かしています。

及川光博

なぜ3人なのかと言うと、及川光博さんは3兄弟で子供一人につきメイドさんが一人担当するようになっていたから。

つまり子供1人に専属のメイドさんが1人いたってことですよね。もう世界が違っていて、本当にそんなお家があるんだとビックリしました。

ちなみに及川光博さんは兄弟の仲で真ん中にあたり、上にお兄さん、下に妹さんがいます。

及川光博さん以外は一般人のため詳細は不明ですが、お兄さんの幼少期の画像だけは確認することができました。

前がお兄さんで、後ろにいるのが及川光博さんです。

及川光博 兄

中学・高校もセレブ!

及川光博さんが中学・高校と通っていたのは東京都世田谷区成城にある『成城学園』。

偏差値は2017年でみると64.0と高く、全国偏差値ランキングでは10,204件中702位と高い位置にあります。及川光博さんは頭脳明晰でもあるんですね。

及川光博

成城学園はそれだけでなく、昔からお金持ちが通う学校としてよく知られる存在でした。

ちなみに2017年度の学費を調べてみると、成城学園のサイトには中学・高校それぞれ入学金や授業料、施設維持費などをあわせて年間126万円であることが紹介されています。

文部科学省が行った調査で『子どもの学習費調査(2014年)』を見ると、公立中学校の年間の学費は48万1841円、公立高校だと40万9979円となっていました。

成業学園の学費は一般的な公立高校と比較して3倍もかかるんですね。

まさにおぼっちゃま・お嬢様が通うセレブ校だと言えるでしょう。

次はいよいよ及川光博さんの実家について迫っていきます。

及川光博の実家の場所はどこ?

及川光博

及川光博さんの実家は東京都大田区の浦田駅周辺とされています。

大田区といえば東京23区のなかで一番広い区ですが、田園調布や山王など高級住宅街のある場所としてよく知られていますよね。

大田区の地価を調べてみると2016年の平均が54万3185円/㎡で全国順位ではなんと1732中16位!かなりの上位に入ります。

そして大田区内の中でも蒲田の地価が一番高く、地価平均が82万3812円/㎡。

あまりの地価の高さに頭がクラクラしてしまいそうですね…。

及川光博さんの実家はJR京浜東北線の蒲田駅の近所ではないかと言われているんです!

蒲田駅

地価が高いことと、そんな場所にあってさらに駅に近いとなれば、実家がかなりのお金持ちということを裏付けているといえるでしょう。

実家は山形県?

及川光博

及川光博さんの実家の場所が山形県だという話があります。
しかし、これは及川光博さんの実家ではなく、母親の実家。山形県大蔵村出身であるということですね。

ちなみに、大蔵村は山形県のほぼ中央にあり、土地の約85%を森林が占めている自然豊かな場所です。

山形県大蔵村

1200年以上の歴史を持つ肘折温泉や四ヶ村の棚田などの観光スポットがあります。

四ヶ村の棚田

次は及川光博さんの実家の家業についてお話していきましょう。

後半に続きます!

及川光博の実家は薬局を経営

及川光博

お金持ちと言われている及川光博さんのご実家。「昔からの資産家なのかな?」と思っていたのですが、実はそういうことではありませんでした。

お金持ちな理由は、実家が薬局や焼き肉店などを経営し、及川光博さんの両親が1代で築き上げたということが分かりました。

では、及川光博さんのご両親は一体どんな職業の人なのでしょうか…?

薬局の名前は?

及川光博さんは2013年6月に放送されたトーク番組『A-Studio』で実家の事業についてお話しています。

及川光博 A-Studio

それによると、及川光博さんの父親は大田区で事業をしていて、最初に始めたのが薬局だったとのこと。

及川光博さんのご両親はともに薬剤師ということで、資格を活かしてお店を経営していたんですね。

薬局の名前は『及川末広(おいかわすえひろ)薬局』及川光博さんの父親の名前がそのまま店名になっているんですね。

現在、『及川末広』は閉店してしまっていますが、タウンページなどから店の場所は東京都大田区南六郷1丁目8−9にあったものと思われます。

薬局を皮切りに事業を広げていき、一代で財を成していっています。念のために言っておきますが、決してドラッグストアチェーンのマツモトキヨシではありません。

及川光博さんの実家が経営していた薬局について一部でマツモトキヨシだとする噂も上がっていますが、実際にマツモトキヨシだったとしたらもっと大きく話題になるはずですよね。

この噂の原因は判明しています。1997に及川光博さんがマツモトキヨシのCMに出演し注目を浴びたからなんですね。

及川光博 マツモトキヨシ CM

ということで、実家の薬局とは無関係でした。

焼肉店も経営!

及川光博

及川光博さんの父親が薬局で成功したのち、薬局があった場所を改築し、焼肉店『PrivateDinning ko-ju』や『多目的ホール スタジオポプラ』、『季節料理「みよし」』と複数店舗を経営しています。

多目的ホールスタジオポプラ 焼肉光ko-ju寿

『PrivateDinning ko-ju』は、『焼肉光ko-ju寿』をリニューアルしたお店であるため、表の看板にはいまだに漢字が使われていますね。

建物の大きさや薬局時代からずっと同じ場所なので、もしかすると実家もこの場所なのかも?

ちなみに、及川光博さんの端正な顔立ちから一部の掲示板で「韓国人なのでは・・・?」という疑惑が浮上していたようですが、及川光博さんと韓国をつなぐ情報は見つからないため、おそらく❝焼肉=韓国❞というイメージから来た噂なんでしょうね。

両親の職業は?

及川光博さんは2016年3月に放送された日本テレビのバラエティ番組『火曜サプライズ』で父親が飲食店を3店舗ほど経営し、不動産経営もしていたことを明かしています。

お母さんについては『大の宝塚ファン』で『少女漫画好き』とのことで、お仕事に関しての情報は見つかりませんでした。

このことから、おそらく及川光博さんのお母さんは専業主婦ではないかと推測されます。お父さんがこれだけ働かれているお家ですから、家庭に入っていてもおかしくありませんしね。

父親の名前は先ほどご紹介した薬局名である「及川末広」さんであることは間違いないでしょう。

母親の名前は残念ながら見つけることができませんでしたが、及川光博さんは本名で活動していますので、博の漢字の読み方が父親の名前の広から来ていると考えると、「光」は母親の名前の一部から取った可能性もありますね。

及川光博さんのお父さんは薬局のあとは焼肉屋さんやダンスホール、飲食店などを経営しています。そのほかにも、コンビニ経営や病院の理事していたようです。

また、及川光博さんの通っていた学校のPTA会長も務めていたのだとか。こんなにも多くのことを手掛けるとは、バイタリティー溢れていますよね!

現在では薬局は経営していませんが、ダンススタジオや焼肉店、居酒屋「みよし」は営業を続けています。

このことから、今は建物のオーナーであり、ダンススタジオ&飲食店の経営者であると推測できるでしょう。

スタジオはフロア面積が170平米という広さを持ち、カラオケ設備も充実していて音響もバッチリ。ステージもあるのでイベントにも使えます。

スタジオポプラ

入場料は13時~22時が1000円、22時~2時までは500円になり、カラオケは13時~2時まで1曲200円になっています。

軽食や飲み物も用意してあるとのこと。

また、季節料理「みよし」も価格帯はリーズナブル!一品の平均単価は500円程度。

王子様キャラな及川光博さんだけにかなり高級な飲食店をイメージしていましたが、親しみやすいお店として人気といった感じでしょうね。

及川光博さんの実家についてご紹介してきましたが、幼少期時代のメイドさんが3人という話が一番印象できでした。

薬局の経営から始まり、ダンススタジオ、飲食店を経営していることから及川光博さんの実家がお金持ちなことは確かなようですね。

父親の及川末広さんがなかなかのやり手で事業を手広く行っていたことが推測できます。

生まれながらにして王子様だった及川光博さん。これからもそのキャラクターを活かして活躍をしてほしいですね!


コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ