赤西仁の現在を画像で確認!ジャニーズを辞めた本当の理由に衝撃!

赤西仁元KAT-TUNの赤西仁さんは黒木メイサさんと結婚後、テレビで姿を見かけなくなりましたね。

赤西仁さんは現在どんな感じなのか画像で確認!ジャニーズを辞めた衝撃の本当の理由とは!?

赤西仁さんの噂の真相を要チェック!

2014年に赤西仁さんが活動を再開してから約2年。『Jin Akanishi Live Tour 2015』以降はこれといった作品も発表していません。

活動の拠点は海外においておりますが、事務所に所属しているわけではなくあくまで自主レーベルでの活動のためか、定期的な仕事はしておられないようです。

現在の赤西仁さんの収入はどうなっているのでしょうか?
その他の元ジャニーズの現在や脱退理由についてはこちらでご紹介しています。

 
元ジャニーズ 現在 脱退理由

赤西仁は現在テレビ出演ゼロで収入も0?

赤西仁さんのこれまでを振り返っていきますと、赤西仁さんに注目が集まったのは「ごくせん」第二シリーズでしたね。

KAT-TUNメンバーである亀梨和也さんと共に出演しいっきにブレイクを果たします。

その後KAT-TUNとして「Real face」でCDデビューし順調に活躍の場を広げていくかのように思えたのですが、7ヶ月後に語学留学を理由に無期限の休養に入り、約2年間の間活動を休止してしまいます。

帰国・復帰後はドラマ「有閑倶楽部」でドラマ初主演。また映画「スピードレーサー」の日本語吹替え声優を担当するなど、休養が充電になったのかソロ活動を充実させていきます。

その後は、2010年1月16日公開の映画「BANDAGE」の劇中バンドであるLANDのボーカルとして、楽曲「BANDAGE」を発表。この楽曲とアルバム「Olympos」がオリコンチャート初登場1位を記録しましたが、根強いファンが多かった証拠でしょうね。

同年、ソロライブを日生劇場とロスアンゼルスで公演。この間KAT-TUNのライブツアーもありましたが、こちらには参加していませんでした。

LANDでの活動を通してソロでやっていく決意を固めたのか、KAT-TUNからの脱退を発表。海外5大都市ツアーを行い、シングル「Eternal」でソロデビューを果たします。

KAT-TUNのライブツアーに参加していなかったところをみると、それ以前からソロ活動をすることはジャニーズ事務所と折り合いが付いていたということなんでしょうね。

「Eternal」はオリコン初登場1位を獲得。キアヌ・リーブス主演の映画「47RONIN」への出演が決定し、ハリウッドデビューを達成しました。

しかし、2016年にはテレビ出演は6月現在の時点まで無し。歌手として海外のアーティストに楽曲提供を行ったりしていますが、鳴かず飛ばずのようです。

一方、妻の黒木メイサさんは舞台出演や映画出演に大忙し、一家の大黒柱は黒木メイサさんだと考えられます。

となると、現在はソロ歌手としての収入が無いに等しい赤西仁さんはヒモなのか!?と疑いたくなってしまいますがそういうわけでもないようです。

確かに黒木メイサさんの方が稼ぎが多く、ヒモっぽく見えるかもしれません。しかし、赤西仁さんと黒木メイサさんの間にはお子さんがいます。

忙しい黒木メイサさんに代わって、赤西仁さんが子育てをしているようです。赤西仁さんのInstagramに時折お子さんとの写真が出てきています。

また週刊誌の報道では、黒木メイサさんの仕事場にお子さんと一緒に来て休憩中にふたりであやしていたり、ディズニーランドに家族で行ったりと仲睦まじい様子が目撃されています。

これはヒモではありませんね、専業主夫(兼業ですが)というべきでしょう。本当にヒモなら何も活動しないでしょうしね。

きっと黒木メイサさんとしては、赤西仁さんに好きなことをやってほしいと考えているのではないでしょうか。

男はそう言われると本当に好きなことだけやったりするものですが、赤西仁さんはしっかり家庭も守り、協力しながら音楽活動を続けているのですから素晴らしいですよね。

さて、赤西仁さんも今年で32歳になります。今現在はどんな様子なのでしょうか?

赤西仁の現在はどんな感じなのか画像で確認!

こちらは2016年5月上旬に投稿されたもので、クリスタルケイさんとのツーショット。お仕事絡みでしょうか?

赤西仁 クリスタルケイ

実は、赤西仁さんとクリスタルケイさんはコラボしたことがありまして、「Wonder」という曲はファンには人気が高いのですが音源化されておらず、音源化を希望するコメントがたくさんありました。

赤西仁 現在

これは4月16日に投稿されたものです。『China Music Awards』で、赤西仁さんは「アジアで最も影響力のある日本人アーティスト賞」を受賞しました。その時のインタビュー写真ですね。

今回マカオで行われたこの『China Music Awards』は、中国の音楽賞の中でも最高峰に位置します。日本ではあまりテレビに出ることがありませんが、世界を舞台に大活躍しているということが分かりますね。

しかし赤西仁さん、昔と変わらずイケメンですよね…。

赤西仁 現在

テレビに出なくなると劣化する方が多いのですが、まったくそんなことはありません。

ただ日本ではテレビに出ていないだけで、このChina Music Awardsのように世界でテレビに出ることもありますし、だからというわけではないですが全く劣化しておらず、むしろ大人の色気すら感じさせます。

30歳を過ぎてもこのビジュアルを維持するのは大変でしょうし、恐らく陰ながら相当の努力をしていらっしゃるのでしょう。

しかし、こう振り返ってみて不思議なのはジャニーズを退社したことです。

亀梨和也さんと共にKAT-TUNの2枚看板などと言われており、そのまま在籍していても人気はすごかったと思うのですが、なぜジャニーズを辞めたのでしょうか?

後半に続きます!

ジャニーズを辞めた本当の理由に衝撃!

赤西仁さんがジャニーズを辞めた理由について、スポーツニッポンの報道では

「事務所との考え方の違い」

と報道されていましたが、詳細はどうだったのでしょうか?

赤西仁さんは英語が話せるため海外志向が非常に強かったといいます。しかし日本でグループ活動を続けていては海外で活動できないことになりますね。

そこでデビューしてすぐに語学留学をしソロ活動へ、という流れで思い描いていたということだったんでしょうね。

人気絶頂の中での海外留学、グループ脱退とジャニーズのタレントの中では、かなり自由に動いている印象がありますが、赤西仁さんに対してのジャニーズ事務所の対応は他のタレントに比べてかなり寛容だった印象です。

それだけ今後の活躍に期待されていたということなんでしょう。

しかし、黒木メイサさんとのできちゃった婚が発覚。事務所への報告が事後になったペナルティとしてドラマの主演降板と全国ツアーの中止が決定したと報じられました。

この後再び活動休止に入り、1年後に活動再開するもジャニーズ事務所を退社。自身のレーベルを立ち上げ、海外での活動に注力していくとのことでした。

元々ジャニーズ事務所は所属タレントの恋愛に厳しいですよね。浮いた話はほとんど出てこず、多くの方が独身のままです。

それを結婚したいと事務所に相談するどころか、できちゃった結婚でおまけに事後報告。ペナルティも食らったわけですから、ジャニーズ事務所としては相当怒っていたのでしょう。

しかし赤西仁さんはペナルティ後の復帰時に

「恋愛禁止という契約があったらこの仕事やってない」

と発言しています。

ジャニーズ事務所内で❝恋愛禁止❞は契約ではなく暗黙の了解なのでしょうが、それと真っ向から対立する意見ですよね。

このような事柄に対する考え方の違いが退社という道を選択した本当の理由だったと考えられます。

しかし、その当時の人気っぷりを考えればジャニーズ事務所にいてKAT-TUNとして活動していれば順風満帆、将来も半ば約束されたものだったというのに自ら厳しい世界に飛び込むなんてほんとうにすごいですね。

自分の意思を貫き通すために、大手の庇護から出るというのはなかなかできることではありません。まさに男の道を行っている気がします。

赤西仁さんが日本でテレビに出なくなって2年近く経ちますが、中国で音楽賞を受賞したり、黒木メイサさんが忙しい時は子育ての代わりをしたりと充実した生活を送っているようですね。

何にも縛られず、自分の好きなことのために、大切なもののために時間を使って生きている。一般の人には金銭的な理由でなかなかできないことであり、非常に羨ましく思います。

ただ、赤西仁さんならきっと金銭的余裕が無くても同じことをしたでしょう。妥協して賢く生きることができているなら、KAT-TUNを脱退しジャニーズ事務所を退社することなどなかったでしょうから。

賢い選択とは言えないのかもしれないですが、この赤西仁さんの生き方はとても羨ましく、そして素晴らしく思えます。これからも貫き通してほしいですね!

家に眠っているアイドルグッズをお金に変える裏技とは?


  • このグッズ売りたいけどどうすれば…
  • 値段交渉されたらどうしよう…
  • 最高値で売れるサイトの比較が大変…
  • 梱包や手続きが面倒…
など、いらなくなったアイドルグッズの販売を検討しているけど一歩、踏み出せないと悩んでいませんか?

そんなあなたにココだけの裏技をご紹介します!




コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ