斎藤工の元実家は食堂で父が俳優?!大分県臼杵市への移転理由とは?

斎藤工斎藤工さんの実家が食堂をしていたとこは有名ですが、何が原因でお店の場所が分かってしまったのでしょうか?

さらに斎藤工さんの父親が俳優という噂や、食堂を辞めて大分県臼杵市へ移転した理由を要チェック!

斎藤工さんの実家が経営して食堂はどんなお店でなぜ場所が分かってしまったのでしょうか。

斎藤工の元実家はレストラン!名前は『食堂デリカッテ(Delicatte)』

斎藤工さんの実家はレストランを経営していました。

レストランの名前は『食堂デリカッテ』イスラエル料理をメインとし、中近東の料理を多く取り扱っています。メニューを確認すると、ケバブライスやビーフブルギニヨンなど庶民の私にとっては見慣れない名前…。

斎藤工 元実家 食堂デリカッテ

なぜ斎藤工さんの実家がこの『食堂デリカッテ』と判明したかというと、川村ひかるさんが「某有名俳優のご両親がオーナー」とブログで紹介したことから発覚したそうです。

川村ひかる

それを見て『食堂デリカッテ』に訪れたお客さんがTwitterでも拡散して一気に有名になっちゃいました。

それにしてもなぜ斎藤工さんのご両親だとわかったのでしょうね。恐るべしSNS時代…。

『食堂デリカッテ』は食べログにも紹介されており、口コミでの評価は上々のようです。

中近東の料理が食べられることと、ケバブは羊肉を使用したものを指しますが、日本人向けに豚肉を使うといったアレンジがしてあるそうです。

ケバブはトルコ料理のひとつ。トルコはイスラム教国のため豚肉を食べる習慣がないため、本場で豚を出したら大変なことになりますが、日本人には豚肉はなじみ深いですよね。

メニューの確認ついでにみたのですが、『食堂デリカッテ』のホームページには店内の雰囲気が写真で掲載されていました。

斎藤工 母親

キッチンに立つ女性がいますが、これが斎藤工さんの母親なのでしょう。

斎藤工の実家の場所は三軒茶屋?

斎藤工さんのご両親がレストラン経営をされていることはわかりましたが、ではそちらは斎藤工さんの実家なのでしょうか?

『食堂デリカッテ』の住所は、世田谷区太子堂2-4-11なのですが、こちらは三軒茶屋駅のほど近くにあります。

「三軒茶屋が実家!?なんておしゃれなのでしょう!」と思ったのですが、現在の『食堂デリカッテ』はリニューアルオープンして現在の場所に開店したということです。

リニューアル前は東京都世田谷区豪徳寺1-45-11ですから、小田急線の豪徳寺駅か東急世田谷線の宮の坂駅の近くということになりますね。

また、斎藤工さんは、日本学園高等学校を卒業しています。こちらの住所は東京都世田谷区松原2-7-34ですね。

リニューアル前の『食堂デリカッテ』の住所である世田谷区豪徳寺からは、小田急線の線路を挟んでちょうど反対側ということになります。とすると斎藤工さんが幼少期に暮らしていた街は三軒茶屋というよりは豪徳寺近辺という可能性が高そう。

そして斎藤工さんの現在の実家が大分県臼杵市との噂があります。

斎藤工の現在の実家は大分県臼杵市

『食堂デリカッテ』について紹介しましたが、実は2016年2月26日に閉店しています…現在は大分県臼杵市大字二王座131に『古民家カフェCafe Delicatte(カフェ・デリカッテ)』というカフェを経営されています。

なぜ大分県かというと、斎藤工さんには姉がおり、お姉さんの嫁ぎ先なんです。

『食堂デリカッテ』を閉店したと考えられる理由は3つ。

  1. ファンなど一般人の迷惑行為があった。
  2. 姉が大分に嫁いだことでいつかは大分に引っ越す予定だった。
  3. 放浪癖がある。

斎藤工さんの実家が『食堂デリカッテ』と分かり、一般人の方が無断で家の写真を撮ったり、呼び鈴を鳴らすなどの迷惑行為があったようで、仕方なく表札を外し名前が分からないように母方の名前を使っていたそうです…

店のほど近くには、彼の実家もある。その場所を知られてしまったことで、迷惑行為も起きていたようだ。

実際に両親と会ってインタビューをしたMCの笑福亭鶴瓶が「大分に住み着いて、そこでお店しようかって言っていたで」と裏話をすると、斎藤も「そうなんですよ、たまに土地を探していたりして。僕も大分に通えないかな、なんて思っているんです」と返す一幕も。

どうやら今回の移転は、数年越しの夢が叶ったということでもあるらしい。

引用元:【斎藤工の実家が経営する洋食店、大分県臼杵市に移転のワケ(週刊女性PRIME)】

表札変えるほどとは…それほど迷惑行為に悩んでいたんでしょうね…。いつかは大分に引っ越す予定ではあったものの、迷惑行為が拍車をかけたのかもしれませんね。

3つ目の放浪癖ですが、両親揃って放浪癖があることを、斎藤工さん自身がテレビでおっしゃっていたことがあります。何でも「メキシコへ行っていた」「グァテマラに住んでいた」ということなので、長年住んできた所を離れて知らない土地へ行くことに抵抗がないのかもしれませんね。

後半に続きます!

斎藤工の父親は元俳優?東北新社という噂も!

斎藤工さんの父親は元俳優なのではないか、との噂があります。やはり父親が俳優だから斎藤工さんもそちらの道を選んだのかな、と思っていたらそうでもないようですね。

斎藤工さんの父親は、東北新社という会社に勤務していたようです。

映画製作や映画の配給を手掛ける会社なのですが、最近では『ひつじのショーン』や『サンダーバード』など有名どころの映画も手掛けています。

東京の赤坂に本社ビルを構え年商約600億円とかなりの大手企業です。

このような映画製作・配給を手掛ける会社に勤めていたために俳優であるという噂が流れてしまったようです。

先ほどと同じくお店の写真の中にキッチンに立つ男性の姿がありましたので、この方が斎藤工さんの父親かと思われます。

斎藤工 父親

先ほどとは別の口コミでは、来店したお客さんに対して激辛のソースに気を付けるように注意してくださったり、子連れの方にはご飯多めによそって足りるかどうか確認してくださったりと、暖かい人柄がよくわかるエピソードも書かれています。

斎藤工さん自身も笑顔が柔らかく、とても優しそうですのでご両親のいいところをしっかり受け継いでいらっしゃるようです。あの笑顔はなかなかできませんよね。

斎藤工 笑顔

そんな彼の笑顔にはあの大物女優もメロメロになったとか…

奥菜恵と不倫の過去や華麗なる熱愛相手!

斎藤工と中村ゆりの同棲が飼い犬で発覚?なれそめは共演で結婚か?

斎藤工さんご本人も高校生の時にバックパッカーであったり、ご両親も放浪癖があったり、知れば知るほど興味深い俳優さんですね。

特にご両親は、メキシコに行くだけならまだしもグァテマラに住んでいたというのは驚きですね。

父親だけでなく母親も一緒に行ってしまうところも、年を重ねてもラブラブな夫婦なのかな、と羨ましくなってしまいます。

世界を回って、いろいろと美味しい食べ物を食べる経験をしたからこそ、斎藤工さんのご両親は『食堂デリカッテ』を経営されていたのでしょう。

それに、世界を旅して色々な方と触れ合ってきたからこそ、様々な気遣いができ、『食堂デリカッテ』の評判に繋がったのだと思います。

現在は大分県臼杵市でカフェをされていますが、迷惑行為なく落ち着いて営業してほしいですね。


コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ