水谷豊が薬で逮捕?嫁や相棒の逮捕歴が噂の真相だった!

水谷豊『相棒』シリーズなどで人気の大物俳優・水谷豊さんが薬で逮捕されるのではないか?という衝撃の噂が!

嫁や相棒の逮捕歴が噂に大きく関与している!?水谷豊さんの噂の真相を要チェック!

1974年10月ドラマ『傷だらけの天使』では、萩原健一さんとの息ピッタリな演技が人気でしたね。

水谷豊 萩原健一 傷だらけの天使

現在、『相棒』シリーズなどで俳優として活躍する以外にも、2017年6月17日公開映画『TAP THE LAST SHOW』は監督を務めるなど、俳優の枠を超えて活躍しています。

その水谷豊さんに、薬物で逮捕などという噂が!更に逮捕歴についても話題に。

水谷豊さんといえば、逮捕される側ではなく、逮捕する側のイメージが強いの、これが本当ならかなりのビッグニュース!早速、噂の真相に迫ります!

水谷豊が薬で逮捕?

水谷豊さんには薬物で逮捕されるという噂や、薬物を使用しているという噂が結構前から言われているんですよね。

水谷豊

そのような噂が出た理由の1つが、2016年8月2日発行の「東京スポーツ」で、大物夫婦XZが覚醒剤で逮捕と報道されたことです。

水谷豊さんの嫁さんは1989年に結婚した元キャンディーズの伊藤蘭さんなので、確かに大物夫婦ですよね。

伊藤蘭

もう一つの理由が、仲のいい俳優が大麻不法所持で逮捕されてしまったことに関連して、水谷豊さんも使用しているのでは?といった噂からです。

大物夫婦XZの報道と俳優仲間の逮捕。この2つの要因から水谷豊さんが薬物で逮捕されるのでは?といった噂が立ってしまったと考えられます。

しかし、この噂は実は根拠もなく、記事や騒動となって世間に出ているわけでもないため、単なる取り越し苦労。水谷豊さんの薬物逮捕疑惑は噂止まりと見て間違いないでしょう!

では、どうして水谷豊さんに薬物疑惑が出ているのでしょうか?

水谷豊に薬物疑惑が浮上する理由が判明!

私自身『相棒』シリーズが大好きで、再放送を楽しみにしていました。

その影響も強く、水谷豊さんはかなり真面目なイメージが強いため、薬物疑惑に驚いてしまいましたが、単なる噂だったと知ってほっとしています。

これは『相棒』の宣伝時の画像ですが、恰好からも真面目さが伝わってきます。

 

水谷豊 相棒

では、そもそもどうしてこのような噂が出たのか?

実は、この噂には水谷豊さんと親しい人物が関係していたのです。

水谷豊の嫁が逮捕!

水谷豊さんの嫁、と言いましても、実際の嫁ではありません。

実際の嫁は元キャンディーズの伊藤蘭さんですが、今回紹介するのはある作品で嫁役を務めた方です。

それが、『相棒』シリーズで水谷豊さん演じる杉下右京の元嫁・宮部たまきを演じる、高樹沙耶(本名:益戸育江)さん。

高樹沙耶

高樹沙耶さんは大麻取締法違反(所持)の疑いで、2016年10月25日に現行犯逮捕されています。

高樹沙耶さんの逮捕時には、SNSやニュースで高樹沙耶さんの代表作である『相棒』の名前が多く使われたことから、

『相棒』→水谷豊さんが逮捕!?

という勘違いができてしまったという流れだったのでしょう。

しかし、水谷豊さんの薬物疑惑の原因は高樹沙耶さんだけではありませんでした。

水谷豊の相棒が逮捕!

水谷豊さんの『相棒』シリーズ内の相棒は今までに4人います。

その俳優さんは、寺脇康文さん、及川光博さん、成宮寛貴さん、反町隆史さんです。

その中でも、2016年12月に大きなニュースになった人は3代目の相棒、成宮寛貴さんです。

成宮寛貴

2016年12月30日号の『フライデー』で、成宮寛貴さんの薬物疑惑が浮上し、世間はそのことに大きなショックを受けました。

成宮寛貴さんはこの報道を否定しつつも、2016年12月9日、芸能界を引退することに。

成宮寛貴さんのニュースが流れる際にも、益戸育江さんのニュース同様、『相棒』の名前が使われたため、水谷豊さんの薬物疑惑が出てきたのです。

反町隆史さんにも薬物疑惑が?

そして、成宮寛貴さん以外の『相棒』にも薬物疑惑があります。その人物とは・・・

反町隆史さんです。

反町隆史

松嶋菜々子さんと結婚し、二人の子供にも恵まれ仕事も順調。そんな一家を支える大黒柱が薬物に手を染めていたなんて・・・

って、反町隆史さんは現在、そして過去にも逮捕歴はありません!

それなのにどうして反町隆史さんに薬物疑惑が書けられているのでしょうか?

反町隆史さんの薬物疑惑があがった理由は、今まで薬物の使用(所持)の疑惑がかけられた有名人との共通点があることが理由でした。

1つ目は、黒い肌です。

これが薬物疑惑とどのような関係が?と思う方もいらっしゃいますが、薬物使用に伴う顔の見た目の変化をごまかすために肌を焼き、黒くする人が多いと言われています。

2つ目は反町隆史さんの白い歯

真っ白い歯が特徴的ですが、それも薬物使用によって状態が悪くなる歯を隠すために差し歯にしたりホワイトニングを行ったりする人が多いという話があります。

そして、3つ目は2016年8月2日発行の「東京スポーツ」で、大物夫婦XZが覚醒剤で逮捕と報道されたためです。

この影響で水谷豊さん夫妻に疑惑が浮上したことについては先ほどもご紹介していますが、同時に反町隆史さんと松嶋菜々子さんにも疑惑が掛かってしまいました。

しかし、薬物乱用者に見られる体重の急激な変化や顔の見た目の大きな変化、幻覚によって自らを傷つけてしまった跡も確認できません。

なので、反町隆史さんの薬物疑惑は、薬物使用者身見られる特徴に当てはまっていたことから上がった噂で、実際にそのような事実は無いと見て間違いありませんね。

杉下右京の役柄も影響?

薬物を使用すると幻覚や幻聴が起こり「変わった人」と周りには映りますが、それが、多様なキャラクターを演じている水谷豊さんの薬物疑惑につながったのかもしれません。

1974年10月ドラマ『傷だらけの天使』では熱い男を、2000年6月から2017年現在でも続いている『相棒』シリーズでは基本的には落ち着いた警察役をしており、正反対の役を完璧なまでに表現されています。

1枚目が『傷だらけの天使』の時の画像、2枚目が『相棒』の時の画像です。

水谷豊 傷だらけの天使 水谷豊 相棒

多様な役を完璧にこなす様子を見て、そのように世間が思ったのなら、変わった性格、キャラクターの役でも演じ切ることができるほど、演技力が高いということですよね。

そういった視点で見ると水谷豊さんは俳優として本当にすごい方だと思います!

では、ここまで紹介してきた水谷豊さんに薬物疑惑があがった原因を一度振り返ってみましょう。

  • 『相棒』シリーズの元嫁役の高樹沙耶さんの薬物所持。
  • 『相棒』シリーズの相棒役だった成宮寛貴さんの薬物疑惑。
  • 『相棒』シリーズの相棒役である反町隆史さんの薬物疑惑。
  • 最後は、水谷豊さんの演技力。

どうやら水谷豊さんの薬物疑惑は飛んだ❝とばっちり❞だったようですね。

しかしながら、水谷豊さんには逮捕歴があるといった噂も上がってきています。

これは本当のなのでしょうか?そちらも確認していきましょう。

後半に続きます!

水谷豊は過去に逮捕歴がある?

結論から言いますと、水谷豊さんに逮捕歴はありません!

芸能人では例えばスピード違反、駐禁などでも大きく報じられますが、水谷豊さんはこれまでにこうしたニュースも一切上がってきていません。

ではなぜ水谷豊さんに❝逮捕歴がある❞というような噂があがっているのでしょうか?

これは何度も紹介していますが、萩原健一さんが関係しているようですね。

萩原健一さんは大麻不法所持で1983年に逮捕されています。

このため、水谷豊さんも当時、一緒に逮捕されたの?と心配になった人が多かったのが原因でした。

普通に考えて逮捕歴がある人を警察の役に抜擢されるはずがありませんよね。

逮捕以外に不倫などスキャンダルも一切あがっていませんので、水谷豊さんはドラマのイメージ通りプライベートも真面目な方なのでしょう。

水谷豊さんは私、母、祖父と三世代にわたって好きな俳優さんです。

これだけ広い世代に愛される俳優さんですから、これからも大きな悪いニュースが出ることなく、多分野で活躍されることを願い、そして楽しみにしています。

水谷豊さんは、これからもより多くの名作を後世にのこしてほしいですね!

水谷豊

家に眠っているアイドルグッズをお金に変える裏技とは?

  • このグッズ売りたいけどどうすれば…
  • 値段交渉されたらどうしよう…
  • 最高値で売れるサイトの比較が大変…
  • 梱包や手続きが面倒…
など、いらなくなったアイドルグッズの販売を検討しているけど一歩、踏み出せないと悩んでいませんか?

そんなあなたにココだけの裏技をご紹介します!

販売はプロが査定してくれるところを使うこと!


一般的な販売サイトでは購入者との個別交渉が発生したりと何かと面倒ですが、プロが査定してくれるので手間は一切なし!

また、販売価格が表にまとめられているので、事前に価格を知ることもできます。

面倒な値段交渉や梱包作業を避け、最高値でお金に変えたい場合はこちら!




コメントを残す

ラヴォールでは皆様からの愛のあるコメントをお待ちしております!

当サイトへのコメントは事前承認制を採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

当サイトへのご質問、ご要望につきましては「お問い合わせ」よりご連絡をお願いいたします。

お名前(匿名・ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文

ページトップへ